ストラクチャードファイナンス(例:プロジェクトファイナンス)

企業の信用力そのものに依拠するのではなく、実施する事業から生み出されるキャッシュフローに着目して融資する金融手法は、ストラクチャードファイナンスの中でも、特にプロジェクトファイナンスといわれる形態です。当社は、この種のファイナンスに注力しており、その一例として、風力発電会社向けに実施したものが、下図のスキームです。同様のスキームが、その他の事業やPFI等においても活用できます。

スキーム

ストラクチャードファイナンス(例:プロジェクトファイナンス)のスキーム

発電機の所有、各種契約の締結等を行うためにSPC(特別目的会社)を設立し、当該SPCに対して、設備投資に必要な資金を融資(プロジェクトファイナンス)します。SPCは、電力会社からの売電収入を原資に、各種費用の支払及び融資の返済、出資者への配当を行います。

貴社のメリット

NTTファイナンスが一定の事業リスクを引き受けることにより、借入の返済原資を風力発電事業から生み出されるキャッシュフローに限定でき、事業者の返済負担が軽減されるメリットがあります。

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

リース事業本部 営業本部
ファイナンス営業部門
Tel :03-6455-8711
  • はじめてのお客さまへ NTTファイナンスのリースサービス