エコリース促進事業

平成29年度エコリース促進事業

別ウインドウで開きますhttp://www.jaesco.or.jp/ecolease-promotion/

【特長1】

特定機器への補助ではなく、幅広い製品分野の低炭素機器が対象となります。
誰でも対象機器をインターネット上のデータベース※1で検索可能です。

1別ウインドウで開きますhttp://www.teitanso.or.jp

【特長2】

リース料総額に対する補助率は下記のとおりです。
東北三県(岩手県、宮城県、福島県)、熊本県における補助率は10%です。
そのほかの地域における補助率は2%〜4%ですが、当社は21世紀金融行動原則署名事業者のため、一部機器で補助率が+1%となります。※2

エコリース対象製品群別の補助率は下記をご参照ください。
別ウインドウで開きますhttp://www.jaesco.or.jp/ecolease-promotion/target-equipments/#anchor1

2 リース契約時に、補助金全額をリース料低減のために充当する内容の特約等を締結します。

【特長3】
面倒な補助金申請のお手伝いをNTTファイナンスが行います。
【特長4】
導入機器によるCO2削減量等のモニタリング報告が不要です。

目的

家庭、業務、運輸部門を中心とした地球温暖化対策のため、リース料の低減を通じ低炭素機器の普及を促進すること。

申込開始時期

平成29年6月6日〜(専ら産業の用に供される以外の低炭素機器)

平成29年9月6日〜(専ら産業の用に供される低炭素機器)

但し、東北三県(岩手県、宮城県、福島県)又は熊本県は、全対象機器について平成29年6月6日から申込受付

助成対象

  • 対象リース先は家庭(個人)、個人事業主、又は中小企業であること。

    中小企業:資本金の額又は出資の総額が3億円以下の会社法上の会社。

    医療法人等で従業員の数が300人以下のもの。

スキーム

リース先となる個人事業主様及び事業者様より当社へエコリース促進事業対象のリース契約をお申込みいただいた後、当社より補助金申込書提出・補助金交付申請をESCO(エネルギーマネジメント推進協議会)へ行います。その後ESCOが国(環境省)へ補助金交付申請を行い、国による審査の結果採択されるとESCOを通じて当社に補助金が交付されます。交付された補助金は特約に沿ってお客さまのリース料低減に利用いたします。

リースに関するお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

0120-810-110 (各支店)

  • はじめてのお客さまへ NTTファイナンスのリースサービス

ページトップへ