Lease & Finance

リース&ファイナンス

オペレーティングリース

概要

将来の中古価値が見込める物件(中古市場のある汎用物件)について、NTTファイナンスが契約開始時にリース物件の残存価格(中古市場価格)を査定し、物件の価格から残存価格を除いてリース料を算出する仕組みです。

残価設定型オペレーティングリースのリース料総額は、物件価格から契約開始時に査定したリース物件の残存価格を控除した価格(当初物件価格の90%未満)と付随費用の合計額となります。 残価設定型オペレーティングリースのリース料総額は、物件価格から契約開始時に査定したリース物件の残存価格を控除した価格(当初物件価格の90%未満)と付随費用の合計額となります。

スキーム

@お客さま(利用者)とNTTファイナンス(所有者)の間でリース契約の締結。A販売会社さま(売り主)とNTTファイナンス(所有者)の間で売買契約の締結。B販売会社さま(売り主)からお客さま(利用者)へ物件の納品。Cお客さま(利用者)からNTTファイナンス(所有者)へリース料のお支払い。DNTTファイナンス(所有者)から販売会社さま(売り主)へ物件代金をお支払い。 @お客さま(利用者)とNTTファイナンス(所有者)の間でリース契約の締結。A販売会社さま(売り主)とNTTファイナンス(所有者)の間で売買契約の締結。B販売会社さま(売り主)からお客さま(利用者)へ物件の納品。Cお客さま(利用者)からNTTファイナンス(所有者)へリース料のお支払い。DNTTファイナンス(所有者)から販売会社さま(売り主)へ物件代金をお支払い。

ファイナンスリースとの違い

  • 物件価格から残存価格を除いてリース料を算出することから、割安なリース料での物件使用が可能です。
  • 生産計画(物件の使用計画)に合わせた自由なリース期間設定が可能です。
  • 新リース会計基準においても、オフバランスが可能です。
  • リース期間終了後は、物件の使用状況に合わせ、(1)2次リース、(2)買取、(3)物件返却のいずれかを選択可能となります。

留意点

オペレーティングリースの判定につきましてはお客さま側の判断となりますので、事前にお客さまの会計監査人等へご確認ください。

はじめてのお客さまへ NTTファイナンスのリースサービス

リースに関するお問い合わせ

新規リース・ファイナンス

担当部門:各支店
受付時間:9時00分〜17時00分
月曜〜金曜日(祝日・年末年始除く)

フリーダイヤル0120-810-110(各支店)

譲渡・移転、お支方法の変更・解約・料金、震災で不都合が生じたお客さま、またはその他のお問い合わせ

担当部門:ビジネスサポートセンター
受付時間:9時00分〜17時00分
月曜〜金曜日(祝日・年末年始除く)

ページトップへ