利用シーン

おまとめ請求・Webビリングの一般的な活用例

おまとめ請求

請求書送付先を一本化して請求書の管理を簡単に!

  • 請求書をバラバラに受け取っている場合

    NTTグループから送られてくる請求書が、本社・支店・店舗・工場等、バラバラに受け取っている場合、組織単位で支払い処理や管理が発生するため、対応する人員が各拠点に必要になってしまいます。
    • 拠点・組織単位で支払い処理や管理が発生するため経理処理において、対応稼働(人員)が拠点・組織単位に必要
    • 契約回線により支払い期限もバラバラで大変
  • 請求書を本社に一本化

    請求書を本社に一本化することによって、事務処理の大幅な効率化が実現され、バラバラだった支払い期限を統一することができます。
    • 支店や店舗ごとの請求書を1本化することで、経理担当者の集計作業等の効率化が実現!
    • バラバラだった支払い期限が統一!

Webビリング

ダウンロードした請求データを部課単位に集計して、利用状況の分析や業務の効率化に活用

  • 請求書を紙様式のみで受け取っている場合

    請求書を紙様式のみで受け取っている場合、利用状況等の分析は困難で、請求書のデータ化に膨大な手間が発生し部課単位の集計も大変です。
    • 紙様式のみでは利用状況等の分析は困難…
    • 請求書のデータ化には膨大な手間が発生。部課単位の集計も大変…
  • Webビリングを活用した場合

    Webビリングを活用すれば最大12ヶ月分のデータがダウンロード可能になり、集計ツールの活用により集計作業効率も大幅に短縮されます。
    • Webビリングでは最大4か月分の請求内訳をCSV形式のデータでダウンロード可能!
    • 集計ツールの活用により集計作業も簡単!

導入事例のご紹介

さまざまな企業、自治体の導入事例をご紹介いたします。

関連情報

ページトップへ

ページの先頭へ戻る