グリーンファイナンス

NTTグループグリーン
ファイナンスの状況

NTTグループは、2021年11月、これまでのCSR憲章を再構築し、広い概念として、SDGs、ESG、CSVを包含したグローバル水準の「NTTグループサステナビリティ憲章」を新たに策定し、「企業としての成長」と「社会課題の解決」を同時実現し、「持続可能な社会」を実現するための取り組みを推進していきます。
NTTグループは、社会的課題の中でも環境課題を重要課題の一つとして位置づけ、グループを挙げての一層の取り組みやこれまでにない新しい形での取り組みがますます重要になっていきていると考えます。脱炭素社会の実現に向けた取り組みの一環として、NTTグループグリーンファイナンスフレームワークを策定し、本フレームワークに基づき、グリーンボンドおよびグリーンローンにて調達された資金を活用し、社会的課題の解決を通じた持続的な成長を実現してまいります。

NTTグループのサステナビリティへの取り組みについては、以下NTTグループホームページをご参照ください。

1.発行実績

NTTグループグリーンボンド一覧

No 回号 発行日 発行金額 年限 利率
1 第14回無担保社債(社債間限定同順位特約付)(グリーンボンド) 2020年6月25日 400億円 3年 0.001%
2 第20回無担保社債(社債間限定同順位特約付)(グリーンボンド) 2021年10月28日 1,000億円 3年 0.001%/発行価格100.003円
3 第21回無担保社債(社債間限定同順位特約付)(グリーンボンド) 2021年10月28日 1,000億円 5年 0.100%
4 第22回無担保社債(社債間限定同順位特約付)(グリーンボンド) 2021年10月28日 1,000億円 10年 0.270%
5 ユーロ建て無担保普通社債(グリーンボンド) 2021年12月13日 6.5億ユーロ 4年 0.082%
6 ユーロ建て無担保普通社債(グリーンボンド) 2021年12月13日 8.5億ユーロ 7年 0.399%

2.資金充当レポート

公表日:2022年6月14日

資金充当レポート

3.インパクトレポート

公表日:2022年6月14日

インパクトレポート

4.NTTグループグリーンファイナンスフレームワークと外部評価(セカンドパーティ・オピニオン)

5.外部団体・組織からの主な表彰

環境省 第3回「ESGファイナンス・アワード・ジャパン(資金調達者部門)」において銅賞を受賞

NTTファイナンスは、2022年2月、環境省主催の第3回「ESGファイナンス・アワード・ジャパン(資金調達者部門)」において、銅賞を受賞しました。
ESGファイナンス・アワード・ジャパンは、ESG金融または環境・社会事業に積極的に取り組み、インパクトを与えた機関投資家、金融機関、仲介業者、企業等について、その先進的取組等を表彰し、広く社会で共有し、ESG金融の普及・拡大につなげることを目的とするものです。

2022 ESG FINANCE AWARDS JAPAN BRONZEの画像

外部団体・組織からの主な表彰一覧

No 主催団体・組織名 受賞年月 アワード・部門 内容
1 一般社団法人
環境金融研究機構
2021年12月 第7回サステナブルファイナンス大賞 グリーンボンド賞
2 日本経済新聞社 2022年1月 日経ヴェリタス
ディール・オブ・ザ・イヤー2021
機関投資家向け社債 ベスト部門
1位
3 Refinitiv Ltd 2022年2月 IFR AWARDS 2021 Bond Awards Yen Bond of the Year
4 環境省 2022年2月 第3回ESGファイナンス・アワード・ジャパン
資金調達者部門
銅賞
5 リフィニティブ・ジャパン株式会社 2022年3月 DEALWATCH AWARDS 2021
社債部門
Offshore Bond of the Year
6 株式会社キャピタル・アイ 2022年4月 キャピタル・アイAwards
普通社債部門
BEST DEALS OF 2021
PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビ システムズ社から無償提供されているAdobe® Reader™ プラグインが必要です。

ページトップへ