2020年12月16日
NTTファイナンス株式会社

福島・東北を応援する「fukushima さくらプロジェクト」

新種のさくら「はるか」の寄贈・植樹を実施

NTTファイナンス株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長:坂井 義清 以下 NTTファイナンス)は、東日本大震災からの復興を願い、福島や東北、さらには全国を応援することを目的とした「fukushimaさくらプロジェクト」に2013年から参加し各地で植樹活動を行っております。2020年12月14日(月)に、新型コロナ感染症拡大防止に配慮しながら、福島県南相馬市へ復興のシンボルとして福島県で育てられた新種の桜「はるか」の苗木を寄贈・植樹を行いました。

◆「セデッテかしま」への「はるか」寄贈・植樹について

南相馬市は、東日本大震災において津波や原子力発電所の事故により甚大な被害を受けましたが、復興に向け努力を続けています。

「セデッテかしま」は、南相馬市のサービスエリア利活用拠点施設として、2015年4月に開設され、観光、交流の拠点として年間130万人が訪れる地域復興の一端を担っております。また、植樹を通じて周囲の里山を含めて様々な花々が楽しめる「花見山プロジェクト(仮称)」を推進しています。「はるか」の成長がこのプロジェクトの一端を担い、地域の復興支援につながることを願って今回の植樹となりました。

NTTファイナンスは、東北の復興を心から願い引き続き「fukushimaさくらプロジェクト」を応援して参ります。

fukushimaさくらプロジェクト活動風景1
左から、坂井義清 NTTファイナンス社長
伊藤博人 野馬追の里社長
門馬和夫 南相馬市長
fukushimaさくらプロジェクト活動風景2
左から、稲葉 想 桜プロジェクト会長
安藤広和 東北に河津桜を!!伊豆から桜プロジェクト代表
山貫昭子 NTT東日本福島支店長
<本件に関するお問い合わせ先>
NTTファイナンス株式会社
経営企画部 広報部門
TEL:03-6455-8908
FAX:03-5463-3578
mail:kouhou@s1.ntt-finance.com

(参考)

◆「はるか」植樹式 実施概要

日時 : 2020年12月14日(月) 午前11時〜
場所 : 福島県南相馬市鹿島区浮田字椴木沢212−1
常磐自動車道サービスエリア利活用拠点施設「セデッテかしま」
主催 : fukushima さくらプロジェクト
NTTファイナンス株式会社
内容 : 「はるか」の苗木を植樹するとともに、伊藤博人 株式会社 野馬追の里
代表取締役(セデッテかしま指定管理者)へ記念プレートの贈呈

◆「fukushimaさくらプロジェクト」について(http://f-sakuraproject.sakura.ne.jp/

福島県内で育てた新種の桜「はるか」の苗木を、全国への植樹活動を行うことで、福島・東北さらには全国を応援し、大震災の記憶の風化を防ぎ復興支援につなげる取り組みです。被災地である福島の現状を忘れないため、「はるか」をシンボルにして参加企業が様々な取り組みを行っております。

◆桜の品種 「はるか」について

国立研究開発法人森林研究・整備機構森林総合研究所が開発し、福島県に贈られた新しい八重桜 です。福島・東北を応援するシンボルとして、"はるかかなたの未来に広がって欲しい"という想いを込めて、NHK大河ドラマ「八重の桜」で主役を演じた女優の綾瀬はるかさんが2013年12月24日に命名しました。

報道発表資料に記載している情報は、発表日時点のものです。
現時点では、発表日時点での情報と異なる場合がありますので、あらかじめご了承いただくとともに、ご注意をお願いいたします。

ページトップへ