新着情報

2021年5月13日
NTTファイナンス株式会社

学校給食費の公会計化に向けた徴収・管理業務の効率化に関する
立川市との実証実験の開始について

NTTファイナンス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:坂井 義清、以下「NTTファイナンス」)は、立川市(市長:清水 庄平)において、全国の自治体に先がけて、2020年10月に提供を開始した、クラウド型の決済ソリューション「楽々クラウド決済サービス」(※1)を活用した、学校給食費の徴収・管理業務の効率化に関する実証実験を2021年5月17日から開始します。

1 本サービスの概要は【別紙】を参照。

1.背景

2019年7月、文部科学省では「学校給食費徴収・管理に関するガイドライン」を策定し、自治体が学校給食費を徴収する「公会計化」(※2)を推進しています。しかしながら、「公会計化」を実施している自治体は全体の26.0%(※3)で、公会計化未着手の自治体もまだ多いのが現状です。

2023年度までの公会計化をめざしている立川市では、事業提案制度(テーマ型)募集を実施し、その結果、NTTファイナンスが選定され、NTTファイナンスの「楽々クラウド決済サービス」を活用して公会計化の導入に向けた実証実験を実施することとなりました。

2 学校給食費を地方公共団体の会計に組み入れること。『保護者からの学校給食費の徴収・管理業務を地方公共団体が自らの業務として行うことで教員の業務負担の軽減を図る』(文部科学省 学校給食費の公会計化について①〜概要〜より抜粋)

3 文部科学省発表資料「学校給食費に係る公会計化等の推進状況調査の結果について」より(2020年11月)

2.実証実験の概要

(1)実施内容
学校給食費の公会計化の推進として、総合行政ネットワーク(以下、「LGWAN」(※4))環境下で「楽々クラウド決済サービス」を導入することで、徴収・管理業務の公会計化移行における技術的課題の抽出、業務要件等の明確化、コスト・業務効率化等について検証を行います。

4 Local Government Wide Area Network

(2)実施期間
2021年5月17日〜2021年6月末(予定)
(3)実施場所
立川市学校給食共同調理場(教育委員会)
(4)検証項目
①作業の効率化・利便性の把握(立川市)
②運用フロー・アウトソーシング対象業務の検討(立川市/NTTファイナンス)
③LGWAN環境での動作・運用検証(立川市/NTTファイナンス)

【参考】実証実験イメージ

実証実験イメージを表した図

3.今後の取り組み

本実証実験の結果につきましては、別途公表します。

NTTファイナンスは、本実証実験で得られたデータを分析・検証することにより、楽々クラウド決済サービスを活用した自治体の「公会計化」の取組みをサポートするとともに、自治体や企業など地域の様々なお客さまの働き方改革を実現する決済ソリューションを提供してまいります。

本件に関するお問い合わせ先

NTTファイナンス株式会社
経営企画部 広報部門
TEL:03-6455-8908
FAX:03-5463-3578
mail:kouhou@s1.ntt-finance.com

報道発表資料に記載している情報は、発表日時点のものです。
現時点では、発表日時点での情報と異なる可能性がありますので、あらかじめご了承いただくとともに、ご注意をお願いいたします。

ページトップへ