新着情報

2022年10月3日
NTTファイナンス株式会社

月々900円から電子帳簿保存法のすべての保存区分に対応する
“楽々クラウド電子帳簿保存サービス by ClimberCloud“の提供を本日開始

NTTファイナンス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:伊藤 正三、以下「当社」)は、電子帳簿保存法に対応する「楽々クラウド電子帳簿保存サービス by ClimberCloud」(以下、「本サービス」)を、本日2022年10月3日に提供開始しました。

本サービスは、クラウド上で国税関係帳簿・書類・電子取引に関する情報を一元管理し、電子帳簿保存法のすべての保存区分(電子帳簿等保存・スキャナ保存・電子取引)に対応できる、月々900円からの電子帳簿保存法対応サービスとして、電子取引を行っているすべての事業者にご利用いただけます。

1.提供の背景と目的

2022年1月の電子帳簿保存法の改正で、電子取引における電子データ保存が義務化されたことにより、企業は2023年12月までの猶予期間中に必要な対応を迫られている状況です。このような環境の変化に伴い、バックオフィスのDX化が求められているなか、当社ではすべての事業者が導入しやすい料金で、電子帳簿保存法に対応する電子保存サービスを提供することといたしました。

2.サービス概要

本サービスは、電子帳簿保存法のすべての保存区分に対応可能な電子保存サービスです。電子帳簿保存法(電子帳簿等保存・スキャナ保存・電子取引)に対応したデータ保管を行い、書類管理に関する印刷・保管コストの削減、資料を探す手間の削減等を実現し、バックオフィス業務のデジタル変革を支援します。

(1)本サービスが対応する電子帳簿保存法上の区分

電子帳簿保存法上の区分を表した図。@電子帳簿等保存。受領後、(会計ソフト等で)電子的に作成した帳簿、電子的に作成した国税関係書類をデータのままの状態で保存。Aスキャナ保存。受領後、紙で受領・作成した書類を画像データで保存。B電子取引。取引先が、取引情報を電子メール等で授受したり、ネット上からダウンロードすることでデータを保存。

(2)本サービスの特徴

電子帳簿保存法のすべての保存区分(電子帳簿等保存・スキャナ保存・電子取引)に対応しており、電子帳簿保存法の準備が容易になります。

また、カンタンな操作方法に加え、メールでのお問い合わせ対応や導入支援のオプションによりお客さまの負担を軽減します。

初期費用不要で、月々900円からと低価格で利用可能なため、電子取引の書類のみ保存するスモールスタートから対応できバックオフィス業務のデジタル変革を支援します。

(3)ご利用イメージ (例)請求書を受領し、保存する場合

請求書を受領し、保存する場合のご利用をイメージした図。請求書発行事業者はご契約者に、紙請求書(郵送・FAX)または請求書データ(メール・外部サービス)を送ります。ご契約者はそれぞれPDFデータに変換して楽クラ電子帳簿保存にアップロードできます。

3.提供料金(税抜)

(1)月額料金

従量課金方式のイメージ。基本料900円+従量課金

※従量課金方式のイメージ

月ごとの利用金額イメージ

月ごとの利用金額イメージを表したグラフ。4月〜7月の基本料金は全て900円。従量課金はバラバラです。

利用数の累積ではなく、月ごとの利用数(ファイル数等)により料金が発生するため、利用が少ない月は低価格となります。

(2)初期費用

不要

4.お申し込み・お問い合わせ先

公式ホームページの申し込み・お問い合わせフォームにて受け付けております。
https://www.ntt-finance.co.jp/billing/biz/service/elss_service

本サービスは株式会社NTTデータビジネスブレインズのサービスである ClimberCloudをOEM提供しております。
ClimberCloudは株式会社NTTデータビジネスブレインズの登録商標です。
ClimberCloudはJIIMA認証を取得しております。

本件に関するお問い合わせ先

NTTファイナンス株式会社
経営企画部 広報部門
TEL:03-6455-8908
FAX:03-5463-3578
mail:kouhou@s1.ntt-finance.com

報道発表資料に記載している情報は、発表日時点のものです。
現時点では、発表日時点での情報と異なる可能性がありますので、あらかじめご了承いただくとともに、ご注意をお願いいたします。

ページトップへ