株式会社ラジオ福島様

Case study

法人"ビリングONE"の導入で請求処理が月75通→1通に!
インボイス制度・電子帳簿保存法に対応する手間も削減

福島県を中心にラジオ放送事業を展開する「ラジオ福島」様は、NTTファイナンスの「法人"ビリングONE"」サービスを導入し、支払業務の効率化とそれにともなうコスト削減、および通信経費の見える化を実現しました。サービス導入前の課題、効果、今後の展望について、総務局局長の髙野氏・総務局経理部の岸氏にお話をお聞きしました。
Profile

株式会社ラジオ福島 様

1953年に本放送を開始した株式会社ラジオ福島様。福島県を代表する放送局として地域社会に深く根差し、2023年には開局70周年を迎えます。ニュース・音楽・トーク番組など、幅広いジャンルで多様なリスナーに支持されています。

ラジオ福島様公式Webサイト:https://www.rfc.jp/

右側から総務局局長 髙野 様、総務局経理部 岸 様

アイコン:導入効果
導入効果
  • 仕訳処理にかかる時間を大幅に削減
  • インボイス制度・電子帳簿保存法に対応する手間の削減
  • 振込作業からの解放
  • 「経費の見える化」によるコスト削減

法人"ビリングONE"導入前の課題・決め手は?

サービス導入前に抱えていた課題を教えてください。

会社全体で契約している回線数(178回線)が多く、それにともなう経理処理が煩雑だったことです。当社は本社・支社だけではなく、放送局が県内外に多く存在します。そして、各拠点ごとに電話回線や通信回線・公共料金などの契約を結んでおり、毎月の支払い・管理業務をこなすのが大変でした。
「これらの業務を効率化できないか」と考えていたときに、当時お世話になっていたNTT東日本のご担当者から、法人"ビリングONE"を紹介していただいたのがサービスを知ったきっかけです。

当社はNTTグループの回線を多く利用しており、「一括請求サービスを使うなら、同じNTTグループのサービスのほうが連携しやすいのではないか」と感じたこともあり、法人"ビリングONE"の導入を決めました。
導入効果

法人"ビリングONE"導入による4つの効果

サービス導入後の効果をお聞かせください。

法人"ビリングONE"導入後の効果は、大きく次の4つです。

1. 仕訳処理にかかる時間を大幅に削減できた
2. インボイス制度・電子帳簿保存法に対応する手間を削減できた
3. 振込作業が不要になった
4. 「経費の見える化」によりコスト削減につながった


効果1.仕訳処理にかかる時間を大幅に削減できた
1つ目は、会計システムとの連携により、仕訳処理にかかる時間を大幅に削減できたことです。以前は拠点・部署ごとに別々の仕訳処理をしていたため、会計処理にあった勘定科目を振り分ける作業などが大変でした。請求書ごとに拠点・勘定科目・摘要を1件1件入力していたのが、今では法人"ビリングONE"から仕訳データをCSVでダウンロードし、会計システムにアップロードすることで仕訳処理が完了できます。これにより、仕訳処理にかかる時間を大幅に削減できました

■経理担当者の作業内容
1. 法人"ビリングONE"から送られてくる「請求情報確認メール」を受領
2. 請求内容をチェックし、組織設定などを確認
3. 承認→請求確定
4. 仕訳データをCSVダウンロード
5. CSVを会計システムにアップロード

効果2.インボイス制度・電子帳簿保存法に対応する手間を削減できた
2つ目は、法人"ビリングONE"の使用により、インボイス制度・電子帳簿保存法に対応する手間を削減できたことです。

法人"ビリングONE"を導入する前は、毎月75通もの請求書を受領していました。受領する数が多いと、送られてくる請求書がインボイス制度の「適格請求書」の要件を満たしているか確認するだけでも相当な時間がかかります。しかし、法人"ビリングONE"の場合、各拠点からバラバラ届く請求書を1枚の電子請求書にまとめることができるので、保存する帳票の数が圧倒的に少なくなります。そして、最終的に保存する1枚の電子請求書はインボイス制度の「適格請求書」の要件を満たしているので、請求書の内容を確認する作業がかなり楽になりました。

また、最終的に保存する1枚の電子請求書は、電子帳簿保存法の保存要件のひとつ「真実性の確保」の要件も満たしています。これにより、電子帳簿保存法にも対応しやすくなり、経理担当の負担が大幅に軽減されました。


効果3.振込作業が不要になった
3つ目は、振込作業にかかる時間を削減できたことです。以前は、振り込むタイミングや支払い方法がバラバラだったので、振込作業や資金管理が大変でした。しかし今では、各社への支払いをNTTファイナンスがすべて立て替えてくれるので、当社の支払い先はNTTファイナンス1ヵ所だけで済みます。さらに、NTTファイナンスへの支払いは口座振替を利用しているため、当社が振り込む手間はなくなりました


効果4.「経費の見える化」によりコスト削減につながった
4つ目は、「経費の見える化」によりコスト削減につながったことです。法人"ビリングONE"の「請求金額検索機能」や「内訳表示機能」が大変役立ちました。

・請求金額検索機能

回線ごとの請求金額を一覧で見られる機能

一覧で見たときに、どの回線の利用料金が高い/低いかを判別できます。

・内訳表示機能

請求金額検索機能で表示した回線ごとの内訳を確認できる機能

「請求金額検索機能」で利用料金が高い/低いと判断した回線を「内訳表示機能」で確認することにより、利用量が少ない回線や割引漏れ回線を抽出できるなどのメリットがあります。

これらの機能を使うことで、実は使用していなかった電話回線などが見つかり、余分な通信費や電気代・電話料金などのコスト削減につながりました

今後の活用プランは?

今後、法人"ビリングONE"をどのように活用していきたいですか。

今後は、法人"ビリングONE"に取り込む請求書の種類をより増やしたいと思っています。今は電話料金や通信料金・公共料金などに紐づく帳票類が法人"ビリングONE"の対象ですが、他の帳票類も法人"ビリングONE"に取り込めたら、経理処理はさらに楽になるはずです。あらゆる帳票類の経理処理を法人"ビリングONE"で一本化できると、インボイス制度や電子帳簿保存法に対応する手間もさらに削減されると思っています。
本記事の内容は2023年9月時点の情報です。

お問い合わせ

NTTファイナンス株式会社
[ 受付時間:9:00~17:00 ]
イラスト:電話する男性