JR東日本新潟シティクリエイト株式会社様Case study

JR東日本新潟シティクリエイト株式会社

支払業務一元化と通信費の見える化を実現し
稼働削減とコスト最適化に寄与する「法人“ビリングONE”

商業施設やホテルなどさまざまな事業を運営するJR東日本新潟シティクリエイト株式会社様は、NTTファイナンスの「法人“ビリングONE”」サービスを導入し、支払業務の効率化とそれに伴うコスト削減、および通信経費の見える化を実現しました。サービス導入の背景、効果、今後の展望について、財務部長の山岸利朗氏、財務部財務課副課長の山本志都氏にお話をお聞きしました。

ProfileJR東日本新潟シティクリエイト株式会社 様

JR東日本のグループ会社として「地域の皆さまと歩む総合生活サービス企業」を目指し、新潟を本拠に、ショッピングセンター事業のほか、ホテル事業、不動産・広告事業など幅広い事業を展開するJR東日本新潟シティクリエイト株式会社様。

「お客さまのご満足こそが、私たちの仕事の喜びであり感動です。」をモットーに、それぞれの事業において鉄道の利点を生かしつつ、鉄道を利用する人や地域住民だけでなく、観光客を含む全ての人にきめ細かなサービスを提供しています。

画像:JR東日本新潟シティクリエイト株式会社 財務部長 山岸 様 財務部財務課副課長 山本 様

財務部長 山岸 様
財務部財務課副課長 山本 様

※写真は社名変更前のものです。

導入効果

  • 全事業部門の回線の支払業務を一元化
  • 支払業務の稼働削減によるコスト削減
  • 通信にかかる経費見える化

導入の背景全事業部門の通信費の支払業務が大きな負担に

御社の概要についてお聞かせください。

山岸氏

当社は、JR東日本のグループ会社として、「CoCoLo湯沢・長岡・新潟」を中心とした駅ビルのショッピングセンター事業や「ホテルメッツ長岡・新潟」を中心としたホテル事業、駅構内の店舗等の運営、不動産の貸し付け、駐車場運営、広告業などを営んでいます。

1989年の発足当初は、駅ナカの飲食店や物販店などを営む会社でしたが、グループ会社との合併を経て、現在は、北は山形県の酒田から南は新潟県の越後湯沢までを商圏とした幅広い生活サービス事業を展開しています。

JR東日本新潟シティクリエイト株式会社様が運営する商業施設 駅ビル「CoCoLo」

JR東日本新潟シティクリエイト株式会社様が運営する商業施設 駅ビル「CoCoLo」

御社が業務を進めていく上で抱えていた課題についてお聞かせください。

山本氏

多岐にわたる事業の運営を行っているため、通信に関わる取り引きは膨大な数になります。業務用携帯電話、店舗のインターネット回線、各部門の固定電話など、利用部門も違えば通信キャリアも違う請求書が財務部に毎月約90通(260回線分)届く上に、請求書の支払日はバラバラでした。

細目は、電話やインターネット回線だけでなく、駐車場やロッカーの通信機器、レジの決済システムの通信回線などさまざまですが、通帳には具体的に表示されません。引き落としのたびに、請求書の中から該当する支払を突き合わせて確認するだけでも一苦労でした。

さらに、通信回線の契約はそれぞれの部門が個別で行うため、新規の契約などはその都度各課に確認をしなければならず、とても非効率な状況でした。

採用のポイント費用対効果を考慮の上コスト削減が期待できた「法人“ビリングONE”

NTTファイナンスの「法人“ビリングONE”」を採用いただいた経緯についてお聞かせください。

山本氏

膨大な請求書の支払業務に追われていた状況をなんとか改善しようと検討していた折に、NTTファイナンスからダイレクトメールが届き、タイミング良く営業担当者からフォロー電話をもらいました。

山岸氏

聞くと、NTTグループをはじめ、あらゆる通信キャリアの請求書が1通にまとまるサービスとのこと。さらに、 Web上で複数部門にわたる通信費の按分を自動化できる機能や、部門ごとの請求金額を見える化できることなどが分かり、支払業務や会計処理の合理化が期待できると考え、さっそく導入を検討することにしました

問題は、有料サービスである「法人“ビリングONE”」を導入した場合のコストでしたが、NTTファイナンスは、支払業務に掛かる社員の稼働のコストと「法人“ビリングONE”」の利用料金の比較図を作成し、利用料金を差し引いてもメリットがある旨を説明してくれました。

加えて、NTTグループが提供するサービスという安心感が後押しとなり、導入が決定しました。

「法人“ビリングONE”」サービスの概要

イラスト:各社からバラバラに届いた請求書をまとめて一括電子請求および立て替えお支払い お客さまからNTTファイナンスへ一括お支払い 充実したWeb機能が利用可能 集計レポート 適正利用チェック 組織別回線管理 仕訳レポート 割引モレ 遊休回線抽出

JR東日本新潟シティクリエイト株式会社様はNTT東日本、NTTコミュニケーションズ、NTTドコモ、NTTファイナンス、その他通信事業者の通信料金をおまとめいただいております。

導入効果月々の稼働が大幅に低減し通信費の見える化を実現

「法人“ビリングONE”」の導入による成果についてお聞かせください。

山本氏

これまでは、毎月2日掛かりで行っていた支払業務が一元化され、作業に掛かる時間も2時間程度になりました。それに加えて、月々の資金管理が容易になったのも大きな効果と言えます。

さらに、Web上で部門や回線ごとにデータを閲覧・管理することもできるようになったため、例えば、各部門の年間の通信費を集計することも手間なく迅速にできるようになりました。

山岸氏

全社の通信費が統一の様式で見える化されたため、通信費の上位数件をチェックしたり、検索機能で携帯電話に絞ってチェックしたりすることも可能になり、無駄な使い方をしている回線を発見できたという効果もすでに出ています。

NTTファイナンスの営業拠点が近く、困ったときにすぐに対応してもらえるのも助かっています。

今後の展望全社のICT活用を後押しし生産性向上による経営の効率化をめざす。

今後の展望についてお聞かせください。

山岸氏

グループを挙げて変革を進めている現在、当社でもWi-Fi環境の整備をはじめ、ICT活用の幅をますます広げているところです。

また、社内の働き方改革を推し進めるに当たっても、通信環境の整備は必要不可欠です。NTTファイナンスを含むNTTグループには、当社が変革を進めるために、インフラの整備と合わせて、経営の効率化に貢献するような提案を期待しています。

写真:山岸氏、山本氏と弊社営業担当者(両端)

山岸氏、山本氏と弊社営業担当者(両端)

本ページの内容は2021年2月時点の情報です。

お問い合わせ

NTTファイナンス株式会社

[ 受付時間:AM9:00〜PM17:00 ]

ページトップへ